読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もへいの夢日記

もへが見た夢の記録。夢なので脈絡もヤマもオチもないです。夢の中での設定だけの場合と、リアルが反映されてる場面があります。(という設定)と付けて書き分けようと思ってますが厳密に書かないかも。

1月11日 ホームセンターの夢

家族でワゴンでホームセンターについた。

カインズホームだったと思う。

 

私はお目当ての欲しいものをすぐ見つけて手に持った。

何だったか忘れたけど、手のひらサイズのもの。

 

お母さんは早々に見るものがなくなったと言って車に戻っていった。

 

今、家のクローゼットが酷いことになっているので、収納のものを見にいく。

折りたたみ式のいい感じのコンテナのような物が3つセットで298円!

こりゃいい、赤と青があるから1個ずつ買って彼氏と私のやつにしよう、とパッケージされている商品を手に取る。

が、よく良く見たら薄っぺらくてB5サイズくらいしかない。

あれ、さっき見た時は大きく見えたのにこりゃダメだ、と買うのをやめる。

 

 

と、お兄ちゃんに呼ばれる。

 

「寝っ転がってちょうどいい細いカーペットを探してるんだけど、いいのが無くて……

 

これなんかちょうどいいんだけど、ちょっと大きいから自分でつめようかと思うんだけど、切ったらほつれるかな?」

 

少し毛足の長い細長いカーペット。(もはやマットかも)

 

エンボス・ツイルと書いてあった。

 

「店員さんに聞いてみるか。」

とお兄ちゃんは呼び出しボタンを押す。

 

 

私は持っているタブレットで調べてみる。

 

やっぱりほつれるって、ということを伝えようと思った時、店員さんがやって来て同様の説明をしていた。

 

お兄ちゃんが、これこれこういうのを探してるんですけど、おすすめないですかね?と聞くと、店員さんは「それでしたらこちらの商品などいかがでしょうか」と、まさにそれ!みたいな物を教えてくれた。

 

お兄ちゃんは喜んでその商品を持ってレジに向かっていった。

 

 

と、今度はお父さんに呼ばれる。

 

 

ホースの先につけるようなシャワー部分のようなものを見せてきて、「これがいいんだよこのシンプルなのが」と力説してきた。

 

金属で出来ていて、先が細く伸びている。シャワー部分というよりは、仕事で使っているガン先という感じ。(伝えられない)

 

かごに山積みになっていて、これもまた298円というお手頃価格。

 

そしてお父さんはおもむろにそのガン先を暑い本くらいのサイズの黒い小さな機械とつないで、

「それで、こんなことが出来るんだよ。」

 

と、その先から水蒸気を出し始めた。

 

シューシューという音と共に少し出る水蒸気のスモーク。

 

使ってみろ、と言われて私も試す。

 

「撮影にどう?」

 

と言われるものの

 

「いや、いいや、スモークだせても撮る技術も場所もないから……」

と断った。

値段は両方買って1500円行かないくらいだった。けどいらない。

 

 

場面が飛んで、父の車で実家の近くを走っている。

 

ワゴンでみんなで行ったはずなことを思い出す私。

 

「あ!?みんなはどうしたかな?!」

 

 

お父さんは「ママに電話してみて」と言う。

 

お母さんに電話をかける。

 

「もしもし、ごめんおとんの車で帰ってきちゃった。」

 

 

「あら!そうなの!ご飯どうしよう。家に何も無いんだよね。」

 

「あ〜ごめん。あれだったら私作るから!!」

 

 

「いや、いいよ。何か私がつくるよ。あ〜でもなぁ……」

 

 

「いやいやいや、私作るって!肉まんとか!」

 

「いや、やっぱりお母さん(おばあちゃんのこと)も作るなら外で食べたいって。とりあえず帰って合流しよう。」

 

 

 

家に着くと、すでに母達は帰ってきていた。

 

私たちを待っていたかと思ったが、そんなこと無かったようだ。

16.12.27の夢2 街の夢

 

大きな岩を模したモニュメントなのか何なのか、室内に何メートルも続いている。

身長より高く、まるで壁。

お父さんと仕事に来ていて、それについて何か館長のようなおじさんと話している。

 

「これを岩にしないとだめですね。そこに水を流さないと。」

父はさらっと言った。

 

館長は少し困った風で「あぁ、そうですか。」と言ってとりあえずどこかに戻っていった。

私は父を引っ張って、

「これ全部本物の岩にするってこと?めちゃくちゃお金かかるじゃん!」

とこそこそ言うが、

「しょうがないだろ、それしか方法はないんだから。」

と、父はしれっと言った。

 

この仕事はナシかもなぁ……と思ってるところで場面が変わる。

 

 

 

妹と、イタリアンカフェのようなバーのようなところのカウンターに、妹が右側、私がその左に座っている。

 

カウンターはUの字のようになっていて、左手で折り返している。右の方が少し拓けていて奥の厨房かなにかに繋がっているようだ。

 

 

私と妹は以前ここでゴキブリのブーツをお揃いで買ったことがある。(という設定)

 

※現実に、妹は虫好き。私も虫は平気。

 

妹はよほどブーツが気に入ったようで、今日はローヒールのパンプスを注文したものを取りに来たのだ。

 

カウンターの中では紺のエプロンとキャップを付けた店員さんが何人も忙しそうに動いている。

 

右手の方に靴の箱の山があって、そこから眼鏡のおじさんが妹の靴を取り出すが、もっと若い店員さんに「ちがうちがう、それじゃないよ」と言われ、違う箱を取り出しラベルをよく見ている。

 

妹の頼んだものがなかなか見つからないらしく、3人ほどでバタバタしてるようなので、私と妹はのんびり待つことにした。

 

手元には木のお皿の上にマスカットがあって、それを食べていると、小さな4歳くらいの男の子が羨ましそうに見つめてきた。

 

分けてあげようかなと思ったけれど、どこの子かも分からないしなぁ……と思っていたら、私のお皿のブドウを掴み始めた。

 

そんなに欲しいならあげるか、と4つばかりブドウがついたその枝を折って上げると、パタパタと走っていった。

 

そこにはお母さんらしき人と、もっと小さな妹。

 

お母さんらしき人は男の子がブドウを持って足元にたどり着くと、こちらをキッと睨んで

「人んちの子供に勝手にあげないでくれる!?」

と怒ってきた。

 

私はすぐさま

「ごめんなさい!!!!」

と謝ると、お母さんはフンッと言った感じで店を出ていった。

 

その顔は思い出せないけど、生気がないような人じゃないような顔だった。

 

妹と顔を見合わせて、「すごい怖かったね。」と言い合った。

 

 

場面が変わる。

 

 

地下鉄の階段を登って街に出る。

 

新宿(という設定だけどもう少し田舎っぽい。)

 

 

私は2つ折りのケータイを持っていて、世話をしてあげていたのに突然逃げ出して行った男を仕方なく追いかけてきた(という設定)

 

ため息をつき、電話をかける。

 

出ない。

 

もう1度かける。

 

画面に「着信拒否されています。」

 

と出る。

 

 

もういいや。

 

私は諦めの気持ちと虚しさに襲われて、ダメ男だった元彼のことも思い出す。

 

 

(もう、あんな男とかかわることもないと思ってたんだけどな。)

 

 

気づけば、風俗と居酒屋が並ぶ路地にいた。

 

怖い。こんな所さっさと帰ろう。

 

駅の方に引き返そうと踵を返すと、ホストなのか野暮ったい雰囲気の2人組に嘲笑されながら追い抜かれた。

 

やだやだ。早く帰ろう。

 

私も足を早めると、しばらくするとその二人にと追いついた。

 

髪の長い方が吸ってたタバコを草むらにポイ捨てする。

 

そのタバコを私は目で追っていた。

 

 

しゅぼっ!と効果音のような音がして、草むらに火がついた。

 

きゃあ!と誰かが悲鳴をあげた。

 

火は瞬く間に大きくなっている。

 

やばい。

 

 

私は早足で駅に向かう。(何故か走らない)

 

 

すると駅の入口の左側の草むらでも火が上がっていた。

 

あいつの事故じゃなくてテロ?やばい。

 

 

人々が階段をすごい勢いで降りていく。

 

私も続こうと思って半分くらい下ったのに、

 

「煙は下に行くのではいらないでください!!」

と消防の人の声がして、私はまた地上に戻る。

 

 

(風上に進まなきゃ!!)

 

そう思うのに、風が強く前に進めない。

 

(こんなに風が強いんじゃ燃え広がっちゃう!!)

 

風上に行くのは諦めて、まっすぐ、公園ぽい方に進もうと思う。

 

なかなか進めないが、その公園に座り授乳してる人がうっすら見えた。

 

(そこなら逃げなくて大丈夫なの??)

 

何かモヤッとした気持ちを覚えたところで目が覚めた。

 

16.12.27の夢

リビングで超次元ゲイムネプテューヌのベールの衣装を作ってる。

 

あとちょっと、とうところで胸のパーツを何で作ったか不安になって、トルソーのところに行く。

 

見てみると、へんな歪んだ小皿と丸い小皿をボルトで止めてある。

 

そんなことをしている時に、彼氏が「これ発送したい」と何個かものが入ってる封筒を持ってくる。

そしておもむろに棚にあったレターパックに貼ってあった切手を剥がしてそちらに貼ろうとする。

「やめて!!剥がしたら使えなくなっちゃうよ!!こっちに入れてよ!」

と私は止めて、レターパックを使うように進める。

「住所なら私が書くからさ。」

と、自分もそれどころじゃないのにそんなことを言う私。

 

ベールの作業に戻る。

よくよく確認するとまだ丸いパーツが全然足りない。

よく見たらウエストにポーチみたいなのが沢山ついたベルトみたいなのがある。

(両方実際にはない)

 

さらによく見ると丸いパーツはボルトとナットの組み合わせだ。

 

作る時間ないから、もうこれは今日の帰りにボルトとナット買ってよう!と思い、胸元に一個ついてるボルトの直径を計る。

 

何個必要か紙に書き出してるところで目が覚めました。疲れた。

 

16.12.26の夢 父のカメラ

 

たぬきの前に見た夢。

 

 

お父さんと〇街の現場に仕事で来ている。

 

お父さんは黄色のジャンパーを着ていて、私は作業服。

 

後ろに他の作業の人たちもいて、何かをしゃがんで待っている。

 

と、依頼主の人が銀色のビニールシートがかかったような所から出てきて説明をする。

(おみそ汁がどうとかだった気がする)

 

私がチラッと右を見ると、緑色のビニールシートがテントのようにかけられものが二つ、直角になっている所に、お父さんが欲しがっているカメラの中古のものが、シャッター数2700回くらいなのに、同じ製品であったら取り替えてくれるというチラシが出ていた。

 

お父さんをつついてそのチラシのことを知らせると「いーじゃあん!」と食いついた。

 

「ごめん、ちょっとよく見えないんだよね」と私は改めてチラシを見る。

 

シャッターチェック(私の夢の中だけの謎の設定。フィルムにあたる部分のところを取り外して、付けて、シャッター数をチェックして数が変わらないかをチェックする)20回済で、同様の事をして大丈夫だったものに限る、と書いてあった。

 

お父さんにそれを伝えると「なおさらいいじゃぁん!」と。

 

「でも家でやったらホコリとかはいっちゃいそうだよ?」と面倒くさくなってきた私が言っても、どうしても欲しそうな父。

 

でも今日は車に乗せてきてないんだよなぁ……と寂しそう。

 

「じゃあ私が取ってこようか?この説明だと私いなくても大丈夫そうだし……」

 

と、仕事が簡単そうで私にやることが無さそうだったのでそんな提案をしてみる。

 

父はすごい喜んで車の鍵を渡してきた。

 

車で家まで帰る。

 

家の裏の畑には、妹とおばあちゃんと今は亡き愛猫のミーヤがいた。

 

カメラを取りに来たと言うと、

「ああ、あのカメラ、あるけど砂だらけだよ?」とビニールハウスからカメラを出してきてくれた。

 

確かに、日に焼けて、砂だらけのカメラ。

 

こりゃダメだな〜と、そのストラップを持って吊るしてるところで夢は終わり。

 

 

こっちの夢の方が先に見たからあんまり良く覚えてなかったなー

16.12.26の夢 たぬきの神社

 

ひまりんと誰か2人(妹と、中学の時の親友だった気がする)を私の車に乗せて地元の駅に向かってる。

けど、途中道を通り過ぎてしまって「あぁ、いつもここ通り過ぎるんだよね!」といらいら気味になる私。

引き返す道もなくて、ものすごい坂を登る。
前が見えない。誰かいたら轢きそう。

誰かいたら轢きそうに違いないその坂は、地元の商業高校に繋がる坂で、男子高校生がいっぱい歩いてる。

坂の頂上で、不審な車を不思議そうにみる男子高校生達を尻目に、すごいスピードで車の向きを変える私。

助手席のひまりん(一瞬彼氏だった気がする)にスマホを投げて、「駅までの道をグーグル先生で調べて!」と相変わらずいらいら気味で言う私。


来た道と違う方向に緩めの坂が続いていて、そっちに進んでいく。
千葉県にありがちな、山際に広がる田んぼと畑、に加えて都会にありがちな立体的な道路が上を走ってるような変な道。季節感は秋。

「あ〜この道じゃ行けないんだよね……」と知ってる風の私。

とりあえずナビに従うものの、ぐるりと回り道をしまって結局来た道に戻りそうな流れ。

来た道を戻りたくない私は、みんなで車を降りて、徒歩でしか通れない道(鎌倉の切通しみたいな)の方へ歩いていく。

「折りたためるやつで良かったぁ〜」と、手には車を折りたたんだらしい、2つ折りの、折りたたみのバカンスの椅子みたいなの。大きい細い車輪になっていて押していけるんだけど、重さがあるのかエンジンを付けたまま押して歩いている。(地下道を原付のエンジンを切らずにすこしだけアクセルを回して歩いてる罪悪感のある気持ち)

通り抜ける道は、大きい神社で、たぬきの神様のところ。また坂道。灰色の鳥居が沢山ある。
奉納祭的なものをやっているらしく、巫女さんのような服を着て、模様がが書いてある四角い厚紙をサンバイザーを目深にかぶるように目元を隠している巡礼者達が、ゴツゴツした木にスイカくらいある大きな鈴を付けた杖を持って歩いている。

こんな時にすみませんね、と思いながら歩いていくんだけど、そう言えばひまりんがお狐様のコスプレをしている事に気づいて、ひまりんの方をはっと振り返る。
白装束に赤いアイラインのメイク。

目が合ったひまりんは「やっぱりこれまずいよね?」と苦笑い。

「そうだね、ここたぬき様だもんね」と私は答えて、幸いそんなに進んでなかった道を引き返す。

と、

入口の鳥居のところで、見えない壁に阻まれる。

どう足掻いても、出られない。思わず笑う。

「ちょwwwこれ出れないんだけどwww」

ひまりんは出られて、「え、まじ?」と言ってる。

体が浮くくらいもがいても出られない。

これは、行くしかないね、とひまりんも戻ってきて、巡礼者に混じって歩いていく。

いつの間にか車は持っていないし、他の2人もいない。

もうすぐ第1ポイント(?)という所で前の巡礼の人の裾がひらりと翻って、その足袋と足首からふくらはぎが見える。

左の外くるぶしの上あたりに、銀色のチョウチョのタトゥーが入っていてキラリと輝いた。

その人はハーフ風の銀髪の切りっぱなしボブのお姉さんで、気安い感じで「ちーす!お疲れ様でーす!」と声をかけてきた。

ども、お疲れ様です。と謎に人見知りを発揮して返す。


第1ポイントに着くと、ゆばーばが大きい顔で「よく来たな〜!」と出迎えてくれた。

朱色に塗られた社台の中に入ると、なんだっけ、座敷で和食が乗って出てくるやつ(語彙力)に、薄いおわん2つに、きれいな水とお米で出来ていそうなおかゆと薬味のネギがそれぞれ乗っていた。

先に来たお姉さん、私、ひまりん、そしてもう1人(どんな人だったか忘れた)で立っていると、ゆばーばの隣にいた狐顔の美人の巫女さんに「どうぞお召し上がりになってください。」と言われる。

たまたま通ることになっただけなのにこんな神聖なおかゆをご馳走になっちゃうなんて、ラッキーというか悪いなぁ♪これでお腹も治るかもなぁ♪

なんて思いながら、食べようとしているところで目覚ましがなりました。


もう1個見た夢も後で書きます。